読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

クボタグループによる小学校・運動場をイチゴ植物工場へリニューアル。スマート農業と観光農園の実証へ

クボタ・グループが川県三豊市の小学校・運動場スペースに約1400m2程の太陽光利用型植物工場によるイチゴの栽培を行っており、スマート農業の技術実証と観光農園の事業検証を行うために稼働をスタートした。同社では今後、全国15カ所に自社農場「クボ…

植物工場によるイチゴの生産は儲かる?1粒1000円以上も

完全人工光型植物工場によるイチゴの生産は各社が行っていますが、農家によるイチゴの温室ハウス栽培でも、高付加価値商品を提案するために工夫を行っているようです。人工光型でも1粒1000円~にて販売していますが

4haの巨大・太陽光利用型植物工場による夏秋イチゴも含めた周年生産スタート

北海道は涼しく、夏場でもイチゴの生産が可能である。しかし、イチゴに最適な栽培環境を実現するためには空調管理や室内の環境制御が必要である植物工場であれば、こうした夏秋も含めたイチゴの周年生産が可能となる。

冷涼な気候を生かした植物工場によるイチゴの周年栽培

日本では主に温室ハウスにて、イチゴの収穫期間を延長し、周年栽培に近い形で出荷しているものの、6月~11月の夏秋については米国からの輸入に依存している。こうした現状を受け、完全人工光型植物工場によるイチゴの生産や、品種(四季成りイチゴ)や冷…

イチゴLED植物工場を新潟の泉田知事が視察

新潟県の泉田裕彦知事はいちごカンパニー株式会社を訪れ、LEDを使ったイチゴの植物工場を視察しました。いちごカンパニーは植物工場でのイチゴ栽培技術の確立を進めており、実用化に成功しました。

人工光型植物工場で生産する大粒・高糖度イチゴ

完全人工光型植物工場にてイチゴの生産をスタートする企業が増えているが、現在は数社が生産したイチゴを市販している。中でもLED光源にてイチゴの生産を行ういちごカンパニーについて、新たなプレスリリースを掲載する。

植物工場によるイチゴ栽培(いちごカンパニー社)

廃校を利用した小規模な植物工場にてイチゴの人工光栽培を行っているいちごカンパニー社について、過去にも紹介したが、改めて整理しておく。高糖度であるとはいえ、1粒500円の価格では贈呈用や一部のお客さんしか購入しないのではないだろうか。

イチゴの品種開発競争と植物工場での生産ニーズ

過去にも植物工場によるイチゴの栽培について記事にした。日本はイチゴ栽培について高度な技術を保有しているといえる。その理由の一つが産地間競争による品種改良や品種に応じた最適な栽培方法の研究開発である。

植物工場によるイチゴの栽培

国内での施設園芸や植物工場などの環境制御技術を活用した農業で、市場規模が大きい作物はトマトやイチゴ、レタスといった品目になるだろう。特に完全人工光型植物工場の場合、基本は葉野菜がメインとなっているが、販売単価は低く、赤字企業も多いようだ。

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.