読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

フルLEDの大型植物工場(人工光)が静岡にて稼働

 米国などの海外にて施設規模としては1万株/dayの完全人工光型植物工場が稼働しているので、世界最大とはいえませんが、それでも世界最大級のフルLED植物工場が静岡にて本格稼働を始めた。

 

イノベタス社、世界最大級のフルLED植物工場の完成披露へ

株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イノベタスは約2年前に、それまで稼働させていたパルプ工場を閉鎖し、植物工場ビジネスに乗り出した。2014年6月に経済産業省「グローバル農商工連携事業」に採択され、2015年3月1日に植物工場「富士ファーム」が完成し、今日まで試験栽培を行ってきたが、栽培に目途がついたことから本格的な生産・販売を開始した。

栽培品目は、レタス系葉物野菜(フリルレタス、グリーンリーフ、ロメインレタスレッドリーフ、サラダサンチュ)、生産規模はフル稼働時で日産 12,400株、延べ床面積は1,851.5平方メートル。主な協力企業は東洋紡エンジニアリング、平和建設、ファームシップの3社である。現在の社員数 は、パートも含めて約70名を雇用している。地元関係者からは雇用の受け皿としての期待も高い。

 現時点での富士ファームの生産量は日産約6,000株だが、来月には12,000株程度になり、稼働率100%を目指す、という。販売先については、仕 入れ注文は20社以上からオファーがあり、更に台湾企業からも日産2,000株程度の購入依頼もあったが、現在は全てに対応できていない状況であるとい う。現時点では、地元の富士市と東京都内のスーパーを中心に販売しているが、将来的には生産規模を拡大し、海外販売や業務用野菜の提供も考えているよう だ。

富士ファームの特徴として、すべての照明設備にLED光源を採用していることが挙げられる。その利用本数は単一植物工場では世界最大である。消費電力量は、同一規模ですべて蛍光灯で稼働した場合よりも4割程度軽減できる、と関係者は語った。

イノベタスの世界最大級のフルLED植物工場の完成披露へ「富士ファーム」の内部。養液管理は栽培レーン毎に可能である

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.