読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

三菱化学による人工光型植物工場による機能性ベビーリーフ商品の生産・販売

Functional-Vegetable

三菱化学株式会社では、神奈川県小田原市の自社事業所内に建設中であった植物工場が稼働を開始し、ベビーリーフの生産・販売を神奈川県下のスーパー、百貨店などを通じて実施する。また、同社の完全人工光型植物工場システムが、高い技術力による安定的かつ効率的な生産が可能なこと等が評価され、神奈川県の「ME-BYO BRAND」に認定された。
三菱化学、ベビーリーフの植物工場による生産・販売スタート。高栄養化・安定品質により機能性表示制度にも対応可能

神奈川県では「未病」を「健康と病気を2つの明確に分けられる概念として捉えるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものと捉 え、このすべての変化の過程を表す概念」と考え、「未病を治す」取組みの一環として、優れた未病産業関連の商品・サービスを「ME-BYOBRAND」と 認定することにより、未病産業の魅力を広めることを通じて、誰もが健康で長生きできる社会の実現を目指しています。

 同社の植物工場で栽培されるベビーリーフは、一般の野菜に比べビタミンA、ビタミンK、カリウム葉酸などの栄養素が豊富であり、かつ、年間を通じて栄 養素の濃度が一定に保たれるという特徴があります。栄養分豊富で洗わなくても食べられる、安全、安心な野菜を年間を通じて継続的に提供できます。

さらに、三菱ケミカルホールディングスグループ傘下の健康ライフコンパスが提供する簡易血液検査「じぶんからだクラブ」による定期的なチェックと組み合わ せることによって、運動習慣の見直しや食事メニューの効果的な改善につながり、「未病を治す」ことが期待できると評価され、「ME-BYO BRAND」 の第3号として認定されました。

本植物工場栽培したベビーリーフを数種類組み合わせたミックスベビーリーフを、本年10月初旬から、神奈川県下の スーパー、百貨店を通じて、あるいはホテル等に対し「キュアリーフ(TM)」の製品名で販売を開始する。「キュアリーフ(TM)」はパッケージに ME-BYO BRANDのロゴが表示されるほか、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が安定しているため、食品衛生法に定める「栄養機能食品」 として提供することができます。

栄養機能食品
栄養機能食品とは、高齢化や不規則な生活により1日に必要な栄養成分をとれない場合など、栄養成分の補給を主な目的として摂取する人に対して、その栄養成分の機能の表示をしている
食品です。国が定めた栄養成分の規格基準に適合していることを条件として、製造業者等が各々の責任で「栄養機能食品」と表示し、その栄養成分の機能の表示することができます。

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.