読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

日立システムズ、アグリコンパスと農業ICT分野で資本・業務提携。事業計画立案・植物工場設備導入・流通や販売までを支援

 日立システムズと三井物産の子会社で農業ICTベンダーであるアグリコンパスは、資本・業務提携契約を締結し、農業ICTの分野で協業を開始する。
今後日立システムズとアグリコンパスは、アグリコンパスの農業向けソフトウェア製品と、日立システムズのサービスインフラ・ITノウハウを組み合わせ、事業計画の立案から植物工場向けの設備導入(空調や受電設備等)、生産管理、流通・販売管理までをICTサービスやファシリティサービス、コンタクトセンターを活用したBPOサービス等によりサポートし、農業分野へ新たに参入する企業や団体、農業生産法人事業拡大を支援していく。
日立システムズ、アグリコンパスと農業ICT分野で資本・業務提携
 日本の農業は、農業従事者の高齢化・減少などに加え、TPP(環太平洋パートナーシップ)協定など貿易自由化の波が押し寄せており、国際的な競争力強化が求められています。
こうした背景の下、自治体の農業振興政策を受けて、農家が共同出資し、農業生産法人を設立する動きが出てきているほか、企業も本業で培った資本力や技術力をもとに、新規に農業生産法人を設立するなどの動きが活発化しています。

しかし、異業種の企業が農業に参入する場合や農家が農業生産法人を設立する場合、マーケットニーズに基づく作物の選定や生産管理、販売先の開拓と安定化、 適切な販売管理などができずに事業を計画通りに伸ばせないケースが多く、生産から販売までのバリューチェーン構築が課題となっていました。

 これらのニーズに対応するため、日立システムズとアグリコンパスは資本・業務提携に至りました。日立システムズでは、豊富なITサービスに加え、コンタクトセンターや全国約300か所のサポート拠点を活用した設備の導入・監視・保守サービスも提供しています。

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.