読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

イーソルの環境モニタリングシステムが、LED植物工場で稼働開始

 イーソル株式会社は、同社の植物工場仕様の環境データ測定システムが、キーストーンテクノロジーが開発した植物工場用LED栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)シリーズ」のモニタリングシステムとして採用されたことを発表した。今回新たにライン光量子束密度センサおよび漏水センサを AGRInk Server 植物工場仕様に実装し、LED栽培光源の光エネルギーを線状で測定することを可能にした。

イーソルの環境モニタリングシステムが、LED植物工場で稼働開始

AGRI Oh!および人工光に対応したAGRInk Server 植物工場仕様は、株式会社Shune365(シュンサンロクゴ)が運営する植物工場にも導入。Shune365は、2015年4月に設立され、2015年 9月より植物栽培工場を運営している。工場内の環境モニタリングにより、植物の成長に最適な環境を作り出すことで、栄養価の高い野菜を短期間で大量に栽培 することを可能にしました。

 AGRInk Server 植物工場仕様は、温度、湿度、二酸化炭素濃度センサを内蔵した環境データ測定システムです。本体には液晶パネルが搭載されており、植物工場のリアルタイムな環境データを確認できます。また、測定データは無線LANを通してクラウドサーバやパソコンへの蓄積し、閲覧することができます。

内蔵センサ以外にオプションで、水温、漏水、照度センサなどを取り付けられます。さらに、今回新たにライン光量子束密度センサを実装しました。従来、人工 光型植物工場における光環境の評価・測定には、受光範囲が狭いスポットタイプの光量子センサが用いられており、栽培現場では受光のムラを把握しづらいとい う課題がありました。

ライン光量子束密度センサにより、従来「点」でしか捉えられなかったLEDの光度エネルギーを「線」で測定し、光度エネルギーの強弱を検知できるようにな りました。LEDの光度エネルギーデータの「見える化」により、栽培ユニット上の植物にとって最適な光量を保持できます。また、設定した温湿度や二酸化炭 素濃度が異常値になった際に、警報や排気などの自動制御を実現するため、AGRInk Server 植物工場仕様を既存の設備機器と連携させました。

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.