読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

植物工場による究極の地産地消。「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」

東京エレクトロンでは植物工場を活用した究極の地産地消モデルを展開する。自社の施設にて苗を生産し、消費する場所に設置された小型植物工場に苗を供給、常に店舗内にて新鮮な野菜を栽培・収穫できるようなサービスを構築する。

 

東京エレクトロン デバイスは、人工光型植物工場システムを活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス 「Water Farmer(ウォーター・ファーマー)」を12月9日より提供を開始する。「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスとなって いる。
東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始

■Water Farmerについて
「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスです。種 まきをしてから3~6週間の栽培期間を経過した後、横浜市都筑区のWater Farmerセントラルファームから野菜カートリッジを出荷し、お客様が利用する水耕栽培装置「Water Farmer Auto Planter」に組み込みます。

野菜カートリッジは、契約内容に基づき定期的に配送を行います。今回、開発した「Water Farmer Auto Planter」は、野菜の栽培に適したLED照明を搭載し、専用の野菜カートリッジで野菜を栽培することができる水耕栽培装置です。ケースの中で栽培す るためホコリや雑菌などの付着の心配が少なく、病気や害虫被害のリスクもほとんどありません。

天候に左右されず日光の当たらない室内でも簡単に栽培が可能で、観賞用の植物のように野菜の成長を楽しみながら育てることができます。野菜カートリッジで 提供される野菜は、生育と保存を同時に行う保持栽培技術により、食べごろな状態で安心・安全な「今摘み野菜」としていつでも収穫することが可能です。

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.