読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

NFLフットボールでは初。スタジアムの屋上にて野菜を生産

 米国は地産地消ブームにて、都市型農業も盛んに行われている。その中で地域住民とも密接に関わり、食も重要なキーワードがスポーツであり、米国ではNFLフットボールや野球のメジャーリーグである。

こうした多くの人が訪問するスポーツ・スタジアムの空きスペースや屋上スペースにて都市型農業を実施する事例が増えているようです。

 

フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ

フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では、屋上菜園による都市型農業がスタートした。

トマト、ナス、パプリカ、ズッキーニなど40種類ほどの野菜を栽培し、ハーブガーデンのエリアではバジルやセージ、ラベンダーなども栽培しており、週に約68kgの野菜が収穫でき、スタジアムのイベントにて提供される食事に利用される。
フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
スタジアム屋上の面積 約2,500m2のうち、屋上ファームとして運営しているのは約370m2。本スタジアムは環境保全型を目指しており、屋上には太陽光パネルを設置し、エネルギーの発電も行っている。

屋上菜園を行うことで、直射日光を避けることができ、建物全体の空調費用を削減することができる。一部の野菜は地域の非営利団体などに無償提供も行う。

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.