読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

沖縄宮古島・みやこ福祉会による太陽光利用型植物工場の運営。ホウレンソウやトマトを生産

Plantfactory Solar-Type Agriculture-Business Handicapped-Senior-Employment

沖縄の宮古島にも太陽光利用型植物工場によるホウレンソウやトマトの生産を行う社会福祉法人がある。みやこ福祉会では障害者雇用を行い、農福連携を実践している。

伊志嶺理事長(右)が長濱副市長にホウレンソウの成長について説明した=8日、野菜ランドみやこ

 長濱政治副市長は8日、社会福祉法人みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)が運営する就労継続支援A型事業所「野菜ランドみやこ」と同支援B型事業所「トマトランドみやこ」を視察した。

同A型事業では障がい者18人を一般雇用し、養液を循環させる特殊な技術でホウレンソウなど6種類の野菜を水耕栽培。同B型事業所では4人が利用し、大玉トマトをポットで養液土耕栽培している。視察後、長濱副市長は「非常に合理的に作る管理になっている。安心・安全で働けるマニュアルができ、働く人や利用者が自立していくには良い施設である」と高く評価した。

 

 「野菜ランドみやこ」の野菜栽培施設の面積は2700平方㍍。伊志嶺理事長は「苗テラスで野菜の種は発芽される。苗は植物に必要な栄養がある養液で育て、均一の成長でバラつきがない。これが1番の特徴である」と強調した。


 その上で「ホウレンソウ栽培は夏場でも可能で世界的にも珍しく、通年で栽培できる」と語った。


 水耕栽培されている野菜はホウレンソウやミズナ、コマツナ、リーフレタスなど6種類。年間の出荷量は60~70㌧見込む。地元の出荷先はホテルやスーパー、居酒屋など40店舗。沖縄本島へも出荷している。


 一方、「トマトランドみやこ」のトマト栽培施設の面積は約2000平方㍍。伊志嶺理事長は「ここの施設は、補助金無しで1億2000万円を投じて造った。今月中旬から来年7月ごろまでが収穫時期である。収穫量は約㌧見込み、地元出荷は3から4割、残りは沖縄本島の県内最大手のスーパーへ出荷される」と説明した。


 同施設内ではポット5000個で育つ大玉トマトが熟し始めている。前回の収穫時期では、1日当たり最大で800㌔が取れた。

自立への取り組み評価 | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.