読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

植物工場によるイチゴの生産は儲かる?1粒1000円以上も

 完全人工光型植物工場によるイチゴの生産は各社が行っていますが、農家によるイチゴの温室ハウス栽培でも、高付加価値商品を提案するために工夫を行っているようです。人工光型でも1粒1000円~にて販売していますが、以下の記事のようにハウス栽培用でもバレンタインデー用にハート型のイチゴを栽培し、1粒1300円ほどで販売しています。

 いちごころの包装

写真は同社のウェブサイトより

ハートの苺 いちごこころ | 株式会社 クラージュクリエイト

plantfactory.hatenablog.com

plantfactory.hatenablog.com

 バレンタインデーを前に山口県柳井市で作られるハート形のイチゴが人気となっている。生産・販売を手がけるクラージュクリエイトが試行錯誤しながら、4年かけてハート形にすることに成功。2015年12月から「いちごころ」と名付け販売を開始した。

 重さ22~26グラムのイチゴは1粒1270円(税別・化粧箱入り)と高額ながら、問い合わせが相次いでいるという。1日100個限定で販売され、インターネットを中心に購入することができる。

ハート形イチゴ、1粒1270円 バレンタインにいかが:朝日新聞デジタル

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.