読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

ソーラーパネルと植物工場を併設「南相馬ソーラー・アグリパーク」の現在について

 福島県南相馬市にて、ソーラーパネルとグランパ社のドーム型・太陽光利用型植物工場を運営し、官民事業による売電や教育事業などを手掛ける南相馬ソーラー・アグリパークでは、寄付金が減少する代わりに、近年は社会人向けの研修・教育事業などによって、年間で3000万円ほどの収益があるようだ。

 

同地区ではようやくメガソーラーの工事が始まりつつあるが、まだ、そのほとんどが荒地のまま。見晴らしのよい沿岸部を海に向かい、新田川を渡ると、巨大なコンセントとプラグのオブジェが見えてくる(図1)。本格的な復興事業に先駆け、2013年3月に完成し、稼働している教育・研修施設「南相馬ソーラー・アグリパーク」だ。

同施設は、南相馬市と民間企業の連携により建設され、一般社団法人・あすびと福島(南相馬市)が運営する。市からの復興交付金は1億1500万円、農林水産省の補助金9000万円のほか、東芝がCSR(企業の社会的責任)の一環で1億円を出資した。

 津波に被災した2.4haの農地を転用し、太陽光発電システム(500kW)と植物工場(直径30m・2棟)、研修室などを備える事務棟(センターハウス)を設置した(図2)(図3)。可動式の太陽光パネルや水力発電の仕組みを体験できる装置などもあり、再生可能エネルギーの仕組みや保守作業などを学習できる。

図2●500kWの太陽光発電設備
(出所:日経BP)
図3●ドーム型の植物工場
(出所:日経BP)
詳細は以下の記事に掲載されております。

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.