読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

植物工場でも生産、高知トマトサミットを開催。トップリーダーのオランダ自治体とも提携

 太陽光利用型植物工場での生産技術では世界で最もハイテク化が普及しているオランダ(経営あたりの施設園芸面積では世界NO1、ただし儲かっているかどうか、という話は別)。そのオランダのウェストラント市と高知県は提携し、トマトを中心とした太陽光利用型植物工場による技術開発や量産が進められている。

こうした中で高知県ではトマトサミットを開催するようだ。植物工場・農業ビジネスオンラインより

植物工場によるトマト生産拠点の四万十町をメインに「高知トマトサミット」東京・高知で3月開催

高知の冬の特産「冬春トマト」が旬をむかえ、高知県では県内ブランドトマトが集合した「トマトサミット」を3月11日~12日に開催する。また東京新宿本店のISETANでもトマト生産者が集まるプレイベントを実施する。

トマトサミット・ISETAN
2017年3月8日(水)、9日(木) 10:30~20:00
 高知県で3月開かれる「高知トマトサミット」のプレイベントとして、フードコレクションに高知のトマト生産者が集います。この機会に、自分好みのトマトを見つけてはいかがでしょうか。伊勢丹新宿本店 本館地階・フードコレクションにて開催されます。
※3月8日(水)~14日(火)の期間は、ISETAN TOMATO FESTAが開催中です。

高知トマトサミット
2017年3月11日(土)、12日(日) 10:00~17:00(高知市帯屋町2丁目)
優れた品質のトマトが育つこの時期に合わせて開催するトマトの祭典。高知県のトマトが一堂に会します。

オランダ・ウェストラント市と提携し、植物工場による生産を推進

地域の強みを生かす「クラスタープロジェクト」が2016年度にスタート!
 野菜・果樹・花きの園芸農業が盛んな高知県では、人口減少などの課題解決を目指した産業振興の取り組みの柱として、各地域ならではの強みである一次産業等を核に、関連する食品加工施設等(二次産業)やレストラン、直販所等(三次産業)を密接に連携させ、地域内に集積(クラスター化)させていくことで、多種多様な仕事(雇用)を生み出すことを目的としたプロジェクトが2016年度から県内各地でスタートしています。

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.