読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

シンガポールにおける植物工場や消費者教育向けの都市型農業がブーム?!

シンガポールでは非常に狭い国土の中でも、自国の食料自給率を向上させるために高効率な生産方式である植物工場施設の稼働や研究開発が行われている。こうした植物工場やさいは、初期投資の高さから商品の販売価格も高くなる傾向にあり、消費者が植物工場や…

パナソニックのシンガポール植物工場。サラダパック商品を約500円にて販売

パナソニック関連会社では、シンガポールにて自社工場の空きスペースを活用して完全人工光型植物工場を稼働させ、野菜の生産・販売を行っている。当初は和食チェーンの大戸屋・シンガポール店舗に販売し、施設規模が拡大後は現地スーパーでも販売。

シンガポールの葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める

国土が狭く、食糧自給率の低いシンガポール。水もマレーシアなどから大部分を輸入・調達していたが、最近では海水・淡水化処理施設を整備し、水輸入の依存度を下げています。同様に食料自給率の向上をはかるため、政府機関が補助金を出して、植物工場などの…

パナ関連企業によるシンガポール植物工場・高機能野菜が地元スーパーにて販売開始

シンガポールにて人工光型植物工場を運営するパナソニック ファクトリーソリューションズ アジアパシフィック(PFSAP)は2015年11月より、自社工場にて生産した野菜の一般販売を開始した。

完全人工光型植物工場やさいのシンガポール市場へのテスト販売

株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN MARKETING PTE LTD、小売大手のCold Storage(コールドストレージ)と連携し、株式会社木田屋商店が植物工場で生産する「無農薬野菜」商品について、テストマーケティングをシン…

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.