読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

世界最大の完全人工光型植物工場が建設開始(スプレッド)

1日2万株近くの完全人工光型植物工場を稼働させているスプレッド社が、今度は日産3万株の完全自動化の植物工場を建設させる、という。実際に稼働し、毎日安定生産が実現すれば間違いなくリーフレタスの植物工場では世界最大施設となる。

 

スプレッドが世界初、完全自動化による日産3万株の完全人工光型植物工場プロジェクトを開始

株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)”の事業展開の第2弾として、世界で初めて育苗から収穫までを完全自動化した日産3万株の大規模植物工場の建設プロジェクトを開始した。

同社は2006年に創業し、京都府亀岡市にて世界最大級の完全人工光型植物工場(亀岡プラント)を運営しており、現在4種類のレタスを日産21,000 株生産し、“ベジタス(R)”ブランドとして首都圏及び関西圏の食品スーパー約2,000店舗に年間を通して安定的に出荷している。

同社の特長は生産歩留まりが“97%”という高い水準を維持できる技術力にあり、採算をとることが困難といわれている植物工場事業において、黒字化を実現 しており、これまでに培ったノウハウを活かして、さらに高品質で安心できる商品を安定的に提供できる取り組みとして新工場の建設を検討してきた。

新工場建設のコンセプトとニーズ
【コンセプト】
世界的な人口増に伴う食糧不足や異常気象による水不足、農作物被害といった社会問題があるなか、スプレッドは植物工場事業を通じてエネルギー資源などを効 果的に管理し、より安全で持続可能な社会の基礎を築くことを目指しています。今回、その取り組みとしてグローバル展開を見据えた環境対応と低コストを実現 させた次世代型植物工場”Vegetable Factory(TM)”の建設プロジェクトを開始しました。

【次世代型植物工場に求められるニーズ】
スプレッドは次世代型植物工場に求められるニーズとして下記があると考えています。

1.環境対応
2.低コスト
環境対応として水資源のリサイクルシステムと世界中どこでも展開可能な栽培環境制御技術を開発しました。低コストは育苗から収穫までの完全自動化と光と空調を最適化したエネルギーの効率化により実現しました。

3.スプレッド新工場プロジェクトの概要
(1)植物工場のタイプ・・・完全人工光型植物工場(研究開発・実験室を併設)
(2)建設予定場所・・・京都府木津川市けいはんな学研都市
(3)建物面積・・・約4,400㎡
(4)生産品目/生産規模・・・レタス/日産3万株(年間1,090万株)
(5)着工予定時期・・・2016年春頃
(6)出荷開始予定時期・・・2017年夏頃
(7)総投資額・・・約16億~20億円(研究開発・実験施設も含む見込額)
(8)年間売上・・・約10億円(見込額)

innoplex.org

 

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.