読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

イチゴ植物工場・アクアポニクスなど最先端の実証施設をオープン

植物工場テクノロジーを集約・実証拠点を構築

 (株)インターナショナリー・ローカル(通称社名:インロコ)では、小規模施設による黒字化ノウハウを活用して、イオンに究極の”店産店消”モデルの植物工場を導入するなど、設備販売・導入事例を増やしつつある[前記事]。 しかし、同社が目指す植物工場ビジネスは始まったばかりである。

現在の人工光型において、ごく限られた果菜類(イチゴなど)を除き、事業採算性が成立する可能性のある作物は葉野菜類に限定されている。
究極の地産地消や都市部での安定した食料供給モデルを実現するためには、葉野菜だけでなく、イチゴやトマトといった果菜類や果物など幅広い食材を生産していく必要がある。

その他、消費者の中には追加的なコストを支払い、有機食品や環境に優しい商品(例えばフードマイレージ・ゼロ商品)を求める人々も存在している。都市部だけでなく、インフラが整っていない離島などに設置する際には、安定した電力供給という問題もあるだろう。

そこで同社では、上記のような課題を解決し、幅広い作物生産や消費者の要望に応えるため、以下のような食料生産技術の実証施設を2016年にオープンした。40フィートコンテナを4台設置し、各コンテナにて異なる作物や生産技術を導入した実証を行っている。
インロコ、イチゴ植物工場・アクアポニクスなどの食料生産技術の実証施設をオープン

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.