読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

米国にて普及する教育向け植物工場キット

 米国では教育向けに小型の植物工場が普及しているようだ。管理・メンテも簡単な水耕栽培キットでは、食育だけでなく環境学や科学技術、プログラミング講義など、様々な教育テーマに関連づけて活用できる点が普及を後押ししている。

以下、植物工場・農業ビジネスオンライン | 植物工場ニュース配信中より

 

 米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入した植物工場はLED光源を採用したタワー型の水耕栽培キットであり、生産した野菜は学校の食堂で使用される他、生徒への教育プログラムの一環として利用される。

植物工場キットは、タワー型の水耕栽培システムを製造・販売するジュース・プラス社から購入し、1台あたりの費用は約700ドル。四角形の柱に対して、各面に4つの穴があり、合計16株の野菜を植えることが可能である。現在はLED光源にて1日に16時間の照射にて、レタス、スイスチャードやルッコラ、バジルといったハーブ野菜などを栽培している。

米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供

ジュース・プラス社では人工光を採用したシステムの他、太陽光を利用した大型のタワー水耕栽培も製造・販売している。家庭菜園として個人が購入するだけでなく、空港やオフィスなど商業施設にて法人が大規模に導入するケースもある。写真は同社ウェブサイトより

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.