読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

福島県富岡町にロックウール工場を建設(植物工場の培地としても利用)

Technology

 万象ホールディングスが、福島県富岡町にロックウール工場を建設することがわかった。太陽光利用型植物工場にて、トマトやパプリカを生産する際、培地として利用されることが多いロックウール。日本ではリサイクルの問題もあり、近年は思うような普及・拡大を実現していないが、農業分野以外でも、様々なシーンで利用されている。

 

富岡にロックウール工場 震災後初の企業立地

耐火・断熱材の販売施工を手掛ける万象ホールディングス(東京)が福島県富岡町に進出を決め、ロックウールの生産工場を建設することが15日、分かった。2017年内の稼働を目指す。同町は東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域にあり、震災後の企業立地は初めて。
 同日の町議会全員協議会で町が報告した。町営富岡工業団地の約2ヘクタールを借りて工場建屋7500平方メートルを整備する計画で、生産能力は年間約5万トン。従業員50人のうち40人以上を地元で雇用する。事業費は45億円で国の補助金を活用する。
 ロックウールは耐熱性に優れた綿状の人造鉱物繊維。住宅やビルの耐火材などに用いられ、近年は東日本大震災被災地を中心に需要が拡大。同社は初めて生産事業に乗り出す。土壌の代用品として農作物の水耕栽培にも導入されており、新規事業も検討する。
  グループ企業3社を束ねる同社は東日本を中心に事業を展開。今回、東北の拠点に同町を選んだ理由に流通環境の優位性を挙げ、小名浜、相馬両港の中間点に位 置することや、常磐自動車道へのアクセスの良さを評価した。ロックウールの需要がある首都圏から近いこともポイントとなった。
 町は早ければ17年4月の帰還開始を目指しており、宮本皓一町長は取材に「企業進出によって雇用が生まれ、住民帰還の後押しとなる。町に根付いてくれることを望む」と話した。

www.kahoku.co.jp

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.