読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

太陽光利用型植物工場によるパプリカ生産・北海道サラダパプリカ

 富士電機清水建設、ウシオ電機は、地元の金融機関とともに、北海道釧路市でパプリカ栽培事業を手掛ける(株)北海道サラダパプリカに出資し、太陽光利用型植物工場による生産・販売事業を開始する。北海道サラダパプリカは、本年3月に(株)信州サラダガーデンが釧路市の支援を受けて設立した事業会社である。

国内のパプリカ市場に目を向けると、年間消費量が37,000トンに上るものの、約90%を輸入品が占めています。国内には、より新鮮、安全、安心な国産 品を求める消費者の根強い声があり、㈱北海道サラダパプリカはそうした潜在需要を開拓すべく、パプリカ栽培に適した釧路の冷涼な気候を利用して、通年にわ たり高品質なパプリカを生産・販売します。

 事業用地は、釧路市から賃借する約3万㎡の土地(釧路市大楽毛北)です。今月内にも太陽光利用型植物工場(23,000㎡)、集出荷施設、事務所等の建設に着手し来年3月に竣工、その後、来夏の初出荷に備えてパプリカ(赤、黄、オレンジ)の栽培を始めます。

B to B型販売を基本とし、主に首都圏、北海道内の顧客を開拓します。計画では事業開始3年目の2018年に単年度黒字化、事業開始5年目の2020年に生産量600t/年の達成を目指します。本事業の設備投資額は約9~10億円前後。

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.