読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

日本ガスによるLED植物工場が稼働。液化天然ガスを空調冷熱に利用

Artificial-Light-Type Plantfactory

 日本ガスが鹿児島市に日産2000株の生産規模を持つLED植物工場を稼働させた。特徴は液化天然ガスが気体に変わるときに発生する「冷熱」を空調に活用している点。

蛍光灯と比較して電気代が削減でき、熱の発生も抑えられるLED光源だが、室内の温度は若干、高くなることから暖房より冷却が必要なケースが多いことから、低コストにて冷却できる技術・資源を持っている場合は経営的にも有利に働くだろう。

フリルレタスやグリーンリーフなどの葉物野菜を最短35日で栽培し、1日に2000株を出荷する。

 同社は、海外から輸入した液化天然ガスを原料に都市ガスをつくっており、液化天然ガスが気体に変わるときに発生する「冷熱」を空調に活用しており、液化天然ガスの冷熱を使った完全人工光型植物工場は国内初。

植物工場施設は2017年1月から操業し、3月からの出荷を予定している。

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.