読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

地元の中小企業が連携し、低コスト型の植物工場を建設。廃校利用やエディブルフラワーによる差別化も

Artificial-Light-Type Plantfactory

 以前から新潟県では店舗併設型植物工場をはじめ、植物工場に関する調査や研究開発への補助を行ってきたが、県内では他社とは異なるビジネスモデルや栽培品目にて植物工場を運営する企業が増えているようだ。

こうした施設運営企業は、実績のある大手プラントメーカーから植物工場プラント一式を購入するのではなく、地元の製造業をはじめとする中小企業が複数あつまり、連携しながら初期導入・設備コストを大幅に削減した形で施設を稼働させている。

 


脇坂園芸(阿賀野市、脇坂裕一代表取締役、0250・62・6772)のエディブルフラワー(食べられる花で、ディスプレー用にも使える)の植物工場で、このほど本格栽培が始まった。昨年1月に植物工場での試験栽培をはじめ、同年6月に試験出荷を開始。その後、設備の補修や最終チェックなどを行い、この1月に本格栽培を開始したもの。

同社では今後、展示会などで開拓した全国各地の取引先(飲食店、ホテル、結婚式場など)に植物工場で栽培したエディブルフラワーを出荷していくとともに、直売所「エディブルガーデン SOEL」や、ネットなどでも販売していく。またハウスについては外販も視野に入れているという。

 

この植物工場は、阿賀野市内の50社・個人が参加する異業種団体「阿賀野ドリームプロジェクト」から生まれた。

会のメンバーが脇坂園芸のエディブルフラワーのハウスを訪問した時、ハウス内に虫が侵入し困っていることを知った。そこで、虫の侵入を防ぐ対策として植物工場を考え、皆で植物工場展に足を運んだという。

そして実際に植物工場を見た一行は、「わざわざ高い値段を払わなくても、これならば我々だけで作れる」と考え、県工業技術総合研究所の協力を得ながら、廃校となった旧大和小学校を活用し完成させたのだ。虫の侵入を大幅に抑えることのできる完全閉鎖型の植物工場で、制作コストは約500万円と市販の10分の1程度で済んだという。

 

 建設に関わった企業は以下の通り。

・若月商店=建屋

・丸山電業社=光源LEDおよび電気関係

・クボ製作所=栽培棚など設備関係

・脇坂園芸=栽培管理

 なおエディブルフラワーは健康食として注目を集めつつあるという。

脇坂園芸の廃校を活用したエディブルフラワー植物工場で本格栽培が始まる - にいがた経済新聞

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.