植物工場日記 Plantfactory’s Diary

植物工場・施設園芸・農業ビジネスなど、国内外の様々なニュースを紹介しております

植物工場関連企業の業績予想(カネコ種苗、菱電商事)

最近は植物工場に関連する参入や研究開発などのニュースにも、その企業の株価が多少なりとも影響する場合もあります。今回は三菱電機系のエレクトロニクス商社にて、環境制御システムなども取り扱う菱電商事、種苗会社のカネコ種苗を紹介する。

菱電商事<8084>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年6月30日に執筆されたものです。最新の決算情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

菱電商事<8084>

3ヶ月後
予想株価
820円

三菱電機系のエレクトロニクス商社。メモリ、マイコンなどを扱うエレクトロニクス事業のほか、FAシステム、冷熱住機、情報通信デバイスなどを手掛けるFA・環境システム事業を展開。植物工場システムなども販売する。

17.3期は円高やアジア向けOA機器の低迷などで減収・26%営業減益。18.3期は自動車向けの続伸などで増収増益予想。株価指標は割安であり、18.3期の収益改善期待から、株価は緩やかに持ち直しへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/224,800/3,300/3,200/2,100/96.84/33.00
19.3期連/F予/230,000/3,500/3,400/2,200/101.45/44.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

カネコ種苗<1376>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年6月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

カネコ種苗<1376>

3ヶ月後
予想株価
1,500円

農産種苗の生産・販売、農薬販売など農業関連事業を多角化。植物工場にも取り組む。創業100年超のノウハウが強み。種苗事業は緑化工事用種苗が堅調。花き事業は低調。17.5期3Qは施設材事業の苦戦が響く。

農家の防除意欲向上で農薬販売は増加。花き事業は採算性向上。18.5期は増収増益か。種苗事業や農材事業が業績牽引。収益改善期待が株価の下支え要因。株価指標に割高感はなく、当面の株価は底堅い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.5期連/F予/57,500/1,870/2,000/1,400/118.92/25.00
18.5期連/F予/57,800/2,000/2,130/1,530/129.96/25.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

植物工場などのアメリカ展示会情報など

 以下の記事のように、植物工場プラントメーカー(主にLED照明などを開発)の日本アドバンストアグリが、アメリカ合衆国オハイオ州コロンバスにて7月15日から18日の4日間実施されるCultivate’17展示会に出展する、という。展示会情報は以下のサイトより

http://cultivate17.org/

日本アドバンストアグリ、北米最大級の農業・園芸展示会に出展

 植物工場向けの設備プラント・LED光源などを開発する、日本アドバンストアグリは、アメリカ合衆国オハイオ州コロンバスにて7月15日から18日の4日間実施されるCultivate’17展示会へ3年連続出展する。

毎年、オハイオにて開催される本展示会には、全米から農家・園芸家が集い、最新の機器や品種についての講演や展示が行われ、アメリカの農業の基盤を支えるイベントの1つとなっています。

本年度は、北米のお客様にて多数ご採用頂いている 3波長 ワイドバンドLED Barタイプ植物育成用光源の他に、近年、アメリカでも需要が非常に高いイチゴ栽培用としてFlat-Panelタイプ光源、国内関連企業と共同開発を行った新型育苗装置を中心に展示を行います。


育苗装置の需要と利用の可能性
 近年、アメリカでも異常気象が頻発し、農家に多大なダメージを与えており、その中で、安定した需要を確立しているのが植物工場と苗事業になっております。

弊社では、そのような状況下の北米市場において、この度、新規開発した育苗装置を展示し、拡販を実施致します。

今回の展示会では、弊社北米販売店 Agrivolution.llc(代表取締役 Richard Fu)と共に、育苗装置の利点を分かりやすく栽培事業者へ伝える為、プレゼンテーションもおこない、これまで育苗装置の存在を知らなったお客様が、弊社装置のポテンシャルをより多く感じて頂けるように、北米市場への拡大を積極的に行って参ります。

日本アドバンストアグリ、北米最大級の農業・園芸展示会に出展

innoplex.org

北欧フィンランドでも植物工場ベンチャーが設立

米国だけでなく、最近は北欧のフィンランドやノルウェーなどの地域でも完全人工光型植物工場による生産事例が増えています。日照量が少なく、地方の大きな土地が確保できる場所ではなく、より都市部に近い場所では人工光による栽培が最適です。

北米エリアのカナダでも同様ですが、地方の広大な土地が確保できる場所では、オランダのような太陽光利用型植物工場によるトマト・パプリカなどの果菜類の栽培が行われ、より都市部では鮮度劣化が早い葉野菜やベビーリーフを人工光にて栽培するケースが多いです。

北欧フィンランド、都市部では初のコンテナ型植物工場ベンチャーが誕生

 完全人工光型植物工場によるベンチャー企業の中で、最も多い参入パターンはコンテナを改修した植物工場による地産地消モデルであるだろう。

市場規模が拡大している米国でも、多くのベンチャー企業がコンテナ型をプッシュしており、今回は人工光栽培ニーズがある北欧フィンランドのベンチャー企業「Exsilio社」を紹介する。

参考記事



同社が開発したコンテナ型植物工場システム「EkoFARMER」も、他社施設と基本的な仕組みは同じである。完全養液循環式で、温度・湿度・CO2濃度などをコントールしながら、栽培品目に最適な環境を実現するものである。

・Exsilio社について http://exsilio.fi/
・コンテナ型植物工場について http://ekofarmer.fi/


 同社では、コンテナ型であれば大規模な商業施設よりも少ない予算でスタートでき、農家やレストランのシェフが本業の空いている時間に少し管理することで、小さいながらも所得向上や地産地消・新鮮野菜を提供することでサービス向上につながると主張する。

北欧フィンランドにてコンテナ型植物工場ベンチャーが誕生

innoplex.org

 

植物工場キットも普及スタート。家電や店舗でも購入可能に

 植物工場にて生産した野菜の普及という点では、まだまだ遅れていますが、最近は植物工場に興味を持つ一般の人々も増えており、小型の家庭用キットは大型家電施設や様々な商業施設にて販売がスタートしてます。

例えばフィンランド生まれのデザイン性の高い水耕キットは、銀座の大型文具店の伊東屋にて販売されています。

文房具専門店- 銀座・伊東屋 - より美しく、心地良い空間

さて今回では銀座のロフトでも別企業が展示販売をスタートしました。要チェックです。

IoT植物工場キット「foop」が「銀座ロフト」のキッチン売場に展示

 アドトロンテクノロジー株式会社が、開発・製造・販売する家庭用植物工場キット・IoT水耕栽培機「foop」が、「銀座ロフト」のホームソリューションフロア(4階)のキッチン売場に展示される。

創業30年目を迎えるロフトが次世代へ向けたフラグシップストアとして、銀座の並木通りにこの度オープンした大型店である「銀座ロフト」。

4階のホームソリューションフロアは、「暮らしを上手に楽しむ TOKYO STYLE」等をコンセプトにライフスタイル別に提案しています。

IoT植物工場キット「foop」が「銀座ロフト」のキッチン売場に展示
キッチン売場では、独特の感性で生み出す料理や幅広い活動で注目の森枝幹シェフがプロデュースした「ジーニアスキッチン」を展開。森枝シェフにより当社のIoT水耕栽培機「foop」が展示品としてセレクトされました。

innoplex.org

植物工場野菜の普及には多様はレシピも必要。レシピ動画により村上農園「豆苗」の出荷量が前年比160%に急伸

 植物工場による野菜と露地野菜には、それぞれ異なる特徴を持ち、その調理法によっては植物工場野菜の活用が期待される利用方法もある。こうした背景から、消費者への訴求方法として、最近の動画レシピサイトを利用することも効果的な方法の一つかもしれない。

日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」 豆苗の出荷量が前年比160%に

 日本最大のレシピ動画サービスkurashiru[クラシル]を運営するdely株式会社は、同社サービス「クラシル」内でのレシピ動画配信により、村上農園が主に太陽光利用型植物工場にて生産・出荷する2017年5月の豆苗の出荷量(※1)が前年比160%に急伸した、という。
※1 株式会社村上農園における出荷量

日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」 豆苗の出荷量が前年比160%に
豆苗、5月に異例の急伸。出荷量が前年比160%に
豆苗シェアNo.1(※2)の株式会社村上農園によると、豆苗は他の野菜の出回りが少なくなり、価格が高くなる時期に出荷量が増える傾向にあります(図1)。

日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」 豆苗の出荷量が前年比160%に
しかし2017年においては、4 – 5月に野菜価格が平年並みであるにも関わらず豆苗の出荷量は増加し続け、2017年5月の出荷量は約1140tと、前年比160%になりました。

このことから、豆苗の購入を目的にスーパーに行く人が増えたことが推測されます(図2)。また、このような消費者の動向を踏まえ、豆苗の棚を広げたいという意向を持った量販店が増えています。
※2 インテージ SRI 豆苗市場 2015年1月〜2017年4月 累計販売金額

日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」 豆苗の出荷量が前年比160%に

innoplex.org

三菱化学、中国市場にて植物工場ビジネスの拡大を狙う

 中国は植物工場ビジネスも含めた食・農業ビジネスでは世界最大の市場規模を持つことは間違いない。三菱ケミカルでは、日本で販売している苗テラス「完全人工光型植物工場による苗生産」と葉野菜を中心とした水耕栽培による太陽光利用型植物工場「ナッパ―ランド」を中国の大手企業と連携しながら、普及・拡大を狙っていくようだ。

 

三菱ケミカル、中国最大のネット通販・京東集団と植物工場システムで提携

三菱ケミカル株式会社は、通販サイト「JDドットコム」を運営する中国インターネット通販第2位(直販としては第1位)の京東集団との間で、人工光・太陽光併用型水耕野菜栽培システム(植物工場システム)を納入するとともに、野菜の栽培や衛生管理等で技術提携することで合意した。

三菱ケミカル、中国最大のネット通販・京東集団と植物工場システムで提携
今回納入する植物工場システムは、育苗までを人工光で育て、それ以降は太陽光を利用して効率的に生産を行う併用型であり、特長として、無農薬栽培であること、通年での収穫が可能であること、節水型であること、肥料の適切な使用が可能となることなどが挙げられます。

長年、日本市場においてトップクラスの販売実績を維持していますが、海外市場においても、2014年に中国でシステム販売を開始、また同年には豪州において植物工場システムを採用した葉物野菜の生産・販売会社を自ら設立するなど、着実にアジア・パシフィック市場での植物工場ビジネスの事業を展開してきました。

innoplex.org

完全人工光型植物工場の市場規模は49億円(2016年)

 富士経済の調査によると、完全人工光型植物工場の市場規模は2016年で49億円、2020年には80億円と拡大することが予測されています。本市場調査は国内のみ、あくまで生鮮野菜を生産することを目的とした完全人工光型植物工場が対象であり、医薬品や藻類、都市開発など応用テーマに関する市場は含まれていないようです。

続きを読む

Amazonが高級スーパーのホールフーズを買収。植物工場ビジネスにも変化が?!

 最近はオンライン上の食料品ネットスーパー「アマゾン・フレッシュ」なども展開しているAmazonが、米国の高級スーパーであるホールフーズを買収した、という。ホールフーズといえば、たくさんの植物工場野菜を調達・販売しており、植物工場の生産者としては有り難い存在。今後、どのような展開になるのか期待しています。

アマゾン、植物工場の主力販売先スーパー「ホールフーズ」を137億ドルにて買収

 アメリカのAmazon.com(アマゾン・ドットコム)は、オーガニック商品などを中心に取り扱う高級スーパーのホールフーズ・マーケットを137億ドルにて買収することを6月16日に発表した。

年間7,000~8,000億ドルの巨大市場といわれる米国の食料品ビジネスに対してアマゾンでは、ネット上のオンライン、リアルな実店舗(小売スーパー)の両方を最大限に活用しながら、業界トップのウォルマートを追い上げる。

今回のAmazonとの連携について「高品質・経験・利便性・イノベーションを顧客にもたらし、同社の価値を最大限に高める良い機会になった」とホールフーズの共同設立者・CEOのジョン・マッキー氏は述べている。

今後もホールフーズのブランド名は継続し、世界中のベンダー・パートナーとの関係性は維持する。また、テキサス州・オースティンにある現在の本社も移動する予定はない、という。

innoplex.org

沖縄の植物工場・倒産事例。親会社にも減損損失が発生

 少し前のニュースになりますが、沖縄にて完全人工光型植物工場を運営する「おおぎみファーム」が解散しました。同社が運営する植物工場はリーフレタス換算で日産2000株以上の生産規模をもち、沖縄では最も大きな施設として期待されていました。(同社が生産していたのは主にベビーリーフ商品となります)

その親会社である総合建設コンサルタントの株式会社オオバの今期業績について(予想も含む)

測量や地質調査など、土木・都市基盤整備の総合建設コンサルタント。都市再生業務、環境関連業務等が重点分野。国の国土強靱化策推進も追い風。復興事業は一巡。民間投資活発で引き続き受注堅調も、特損が発生。

官庁・民間顧客共に好調な受注環境が予想される。東日本大震災復興関連、都市再生・地方再生関連、、東京オリンピック関連が堅調。赤字の野菜工場運営の子会社を解散し減損損失が発生。ダイヤコンサルタントと業務提携。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.5期連/F予/15,600/1,050/1,100/700/39.04/12.00
18.5期連/F予/15,800/1,100/1,100/770/42.96/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

植物工場でも高い初期投資を下げるために「資材比較サービス」が必要

 植物工場とは直接かかわりはありませんが、主に露地栽培や簡易的な施設栽培向けに農薬、肥料、農業用機械、種苗、飼料などの資材が比較できるサイトをソフトバンク・テクノロジー株式会社が整備した。

植物工場プラントのメーカーが一式で販売されており、細かい各資材部分までの単価が明示されていないケースが多いので、初期投資の金額に関する妥当性が判断しにくい現状もあります。こうしたサービスが植物工場に利用できる資材も比較でき、各資材を組み合わせて、自分でプラントを作り上げることができれば、大きなコスト減につながるかと思います。

ソフトバンク・テクノロジー、農業資材の比較サービス「AGMIRU」を開始

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、2017年初夏に、農業資材の比較が簡単に行えるマッチングサービス「AGMIRU(アグミル)」を開始する。

AGMIRUの提供開始に先立ち、現在、農業者および販売業者の利用者登録(アカウント作成)の受付を開始しており、利用者は、アカウント登録を行うことで、無料でAGMIRUを利用できます。

ソフトバンク・テクノロジー、農業資材の比較サービス「AGMIRU」を開始
■“農業情報×見える化“を実現する「AGMIRU」
「農林水産省まるみえアグリ」プロジェクトの一環として、AGMIRUは誕生しました。AGMIRUは、農業者と資材の販売者が双方向で簡単にコミュニケーションを図り、取り引きのマッチングを支援するサービスです。

農業者は、これまで付き合いがなかった販売者からも提案を受けることが可能になり、選択の幅が大きく広がります。
販売者も、これまで接点がなかった農業者と容易にコンタクトできるようになり、提案の幅を広げることができます。

AGMIRUで、農業者が購入したい資材の希望条件を登録すると、販売者にメールで通知が届きます。通知を受けた複数の販売者が、アフターケアや保証内容を含む提案を行うことで、農業者と販売者の最適なマッチングを実現します。

AGMIRUアカウント登録サイト:https://entry.agmiru.com/

innoplex.org

© Copyright 植物工場日記 Plantfactory’s Diary All rights reserved.